So-net無料ブログ作成

空耳アワー おこげ師の御託宣

2011 - 8 - 27 (土) 雨または曇り

おこげ君はあんまり鳴かない猫さんですが、それでも鳴くときは普通の猫のように「にゃあ」とか「あおーん」とか言います。時々、「にゃほ」とか「あわあわ」とも言いますが、通常の言葉の発展形のようなものです。

たまに「ふが」とか「ほえ」とか言うこともありますが、今日はもっと不思議な言葉を発しました。


「フォレスト、フォーチュン。」
DSCN0919.JPG
       ・・・・は?


「アフィリエイト、フォーラム。」
DSCN0930.JPG
       ・・・・へっ??


「アラファト、アフォリズム。」
DSCN0934.JPG
       ・・・・あのう、おこげ師、難しすぎて拙僧には解りませぬ。。。


「そうですか。修行が足りませんね。」
DSCN0921.JPG
       ・・・・、・・・・[たらーっ(汗)] ・・・・・・・・[あせあせ(飛び散る汗)]


本当は猫じゃないのかな。


10分後のおこげ師
DSCN0936.JPG




(アフォー)
DSCN0938.JPG


・・・・猫のようです。









共通テーマ:blog

凛々しい甘えん坊

2011 - 8 - 23 (火) また少し暑くなりました

おこげ君のお部屋は室温28℃です。シッターさんに「適温ですね」と言っていただきました。が、私は暑くて長い時間はいられません。ときどきピアノ部屋に出てきて涼みます。

さて、おこげ君をシッターさんにお願いして旅行に行っていた間の様子は、シッターさんがお留守番記録を残して下さいました。それによりますと・・・。

 1日目 おこげ君はタワー付属のベッドでドキドキした様子で待っていたようです。
     ご飯を食べてじゃらしで少し遊んでもらったようです。

 2日目 1日目同様、タワーのベッドでお出迎え。まだドキドキした様子。
     ご飯を食べてじゃらしで遊んでもらい、タワーに戻っていったとのことです。

 3日目 おこげ君のほうから元気にご挨拶。ケージの上から頭突きもしたとのこと。
     (シッターさんが嬉しそうでした[猫]
     ご飯を食べてタワーに戻っていったようです。

 4日目 元気にご挨拶。頭突き合い[たらーっ(汗)]をして遊んでもらったようです。

 (私が留守にしたのは中2日だけですが・・・)


おこげ君もシッターさんに(ドキドキしながらも)懐いてくれ、シッターさんもおこげ君を気に入って可愛がって下さったので安心しました。

それにしても、先日のシッターさん訪問時やその前の友人の訪問時の、おこげ君の不審な挙動は何だったんでしょう・・・?人間が2人以上いると、気を遣うおこげ君はどうしていいのかわからなくなったのかしら。でもそれなら、保護主さんのところに私が訪問したときは???やっぱりよくわかりません。


その後、おこげ君はベッタベタの甘えん坊になりました。前からちょっと甘えたさんだったけど、クールで凛々しい姿はあんまり見せてくれなくなってしまいました。



とりあえず膝に乗ります
DSCN0898.JPG




私の段腹にしがみついて[むかっ(怒り)]
DSCN0899.JPG




お外で何か音がした?
DSCN0907.JPG




「まっ、いっか」 ←お得意
DSCN0909.JPG
                  足、可愛ゆす♡



私の段腹に首を乗せて[むかっ(怒り)][むかっ(怒り)]
DSCN0910.JPG




膝の上で寝返り
DSCN0911.JPG
                  ん〜、足が可愛ゆぃ♡♡



今日のファミファミの成果
(爪も切りました)
DSCN0896.JPG









共通テーマ:blog

シッターさんとの打ち合わせ

2011 - 8 - 2 (火) くもり

6月下旬、お盆に家を空ける必要があることになり、おこげ君のお世話をどうしようか考えました。かかりつけの病院では、預りサービス(ホテル)も併設しているので、聞いてみましたが、おこげ君は丁重にお断りされてしまいました。FIVキャリアだからです。

おこげ君にとっても、急に多くの他猫(たにん)と暮らすのは、たとえ2〜3日であってもストレスになることは間違いないので、やっと慣れたお家にシッターさんに来てもらうほうがいいと思いました。調べてみたところ、近隣によさそうなシッターさんがいました。ホームページもしっかりしていますし、ペット飼養管理士だけでなく、ペット栄養管理士の資格もお持ちとのこと。

Aniefみくにゃんさん↓

 http://sitter-anief.com/index.html

お盆という繁忙期に来ていただけるのか心配していましたが、早速連絡を取ってみたところ、大丈夫とのこと。さらに、シッティングに来ていただく前にこちらに来て打合せをしてくれるとのことで、今日のご対面となりました。

いらしたのは、代表の方と二人体制の交替スタッフさんの、素敵な女性お二人。スタッフさんはこれからシッティングのお仕事があるとのことで、玄関先でご挨拶だけしてお帰りになりました。

代表の方(メインシッターさん)は、同意書の確認から始まって、シッティングの内容や注意点についてなどをとても丁寧に説明してくれ、ふとした拍子に趣味の話(ピアノ)でも盛り上がり、この方ならお任せしても大丈夫と確信しました。本当は、シッターさんて大丈夫かなーと半信半疑な部分もあったのですが、シッティングのプロであることはもちろんですが、相性もあるかもしれません。

あと、口約束だけでなく、書類をちゃんとしてくれるところが私は好感が持てました。不信感から契約書を交わすのではなく、信頼するからこそ後々もめたくない、と私は思っています。この国ではまだまだそういう文化は根付いていないことを職業上まのあたりにしてきましたが。

ところで、肝心のおこげ君ですが・・・
私が保護主さんのところに遊びに行っていたとき、おこげ君は、「これ(私のこと)は何かな〜?」とでもいうような不思議そうな顔をして私の回りをうろうろしましたが、人見知りな印象はまったく受けなかったので、今回来ていただいたシッターさんに「人見知りする猫ちゃんですか?」と聞かれたとき、「そんなことはないと思いますけど・・・」と答えていました。しかし、先日の友人の訪問時には固まってしまったので、もしかして・・・と思っていました。案の定・・・



タワー備え付けのベッドに力なく横たわるおこげ君
DSCN0800.JPG



目の焦点が合っていません
DSCN0801.JPG




ベッドの上でぐにぐにしています
DSCN0803.JPG




ベッドの側壁に手足を踏ん張り、
DSCN0807.JPG




「う・・・」
DSCN0808.JPG





「うにゃ〜ん・・・」
DSCN0809.JPG
  ありゃ〜・・・[あせあせ(飛び散る汗)]



でも、シッターさんによれば、「人見知りしているみたいだけど、初対面の人がいるのにママにはべったり甘えているところを見せつけようとしているみたいですね。」とのこと。なんか、私にはベタベタしながら、シッターさんをチラ見したらしいです (^^;


シッターさんは2時間ほども丁寧にお世話内容を確認してくれて、私が充分納得したのを見計らってからお帰りになりました。


で、おこげ君は・・・
ベッドからさっさと降りてきて畳にごろん
「ば・・・、」
DSCN0838.JPG



「ばんにゃ〜い」
DSCN0839.JPG
   いや、ばんにゃい じゃないんだけど・・・




じゃらしさんを敷いてご満悦
DSCN0842.JPG


大丈夫かな・・・[たらーっ(汗)]









共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。